創掘祭2周年。

えちからどっとねっと

創掘祭2周年。

第1回の立ち上げから関わっているイベント企画ですが、昨日第1回開催から2周年を迎えました。第3回の開催見込みは今のところお知らせできないですけど、本当時間がたつのは早いなぁ、と感じます。

あくまでゆかりんぴっくとの関係は非公式二次企画、みたいな位置づけですけど、当初はゆかりんぴっくを復活させたい、という思いからはじまった企画でした。一応、私側のあれこれをここにまとめておきます。


私がマイクラを始めたのは2013年8月でしたが、その頃はまだ、ボイロ界隈にはあまり触れていませんでした。第2回があったらしいー、きゆみーさんの視点動画追いかけだしたー、くらいな認識をした記憶があるので。第2回のゆかりんぴっくが2014年の話で、ゆかりマイクラ全盛期に触れつつも、本格的に踏み込むことはしていなかったですね。そのハズ……いや、この頃ゆかりさん買ってるやんけ。まあMacしか持ってませんでしたし、無理矢理Wine使って動かしていた記憶はあります。

知らぬ間に第2回が終わってて、なんか声かけ杯やってるなーと思いつつ第3回はどうなるんだろう、と楽しみにしていた組です。しかし翌年になっても、翌々年になっても、「第3回」は来ませんでした。

それから多くのボイロ実況動画を見ました。結月ゆかりの魅力に、VOICEROIDの魅力にはまっていきました。「ゆっくりゆかり対決」(2015年12月)は後でタイムシフトで見た記憶があります。

一方で、私が精神的にやばかったのもこの時期なんですよね。就活で「自己分析」とかやるじゃないですか? まあ自分の場合は小説書きということもあり付け焼き刃的なものではなく(言い方が悪い)、自然と観察者として自分をも客観視する能力が付いてて、それがアダになった気がします。だって2年もの時間を足踏みしたのに、目指す方向が何も変わっていなかったら、絶望しません?

この絶望状態から救い、創作意欲を取り戻させてくれたのが「ゆっくりゆかり対決」のとある動画なんですが、それは別の話。ただ精神的な面でボイロに救われた、それは事実です。

なので、ボイロ界隈に対する恩返しがしたい、と思っていました。私自身もVPSいじり出して、京都再現に参加して、いろいろな知識を身につけていた時期です。そのひとつの形として、ゆかりんぴっくを復活させたいなと。持てる力を吐き出せば、ワンチャン行けるかもな、とは。

ただ一番のハードルは、ボイロ界隈とのつながりが非常に薄い点でした。まずはつながりを持たないと、ただその一歩が遠く、構想だけしてそのまま半年くらいが経っていたかと思います。

そんな時に、あのツイートが、動画があったのです。まさかあそこまで開始点が振り出しだったとは思いませんでしたけど。マルチ初めてですはいくらなんでも、でしたけど。でもそんな考え知らず(言い方が悪い)だったからこそ、勢いで開催までこぎ着けられたのかな、とは思います。仮に「第3回」として開催したとすれば、ややこしい事情は今以上に起きていたのだろうし。

別に企画立てる手もあったでしょうが、勢いはまとめて一本化しないと負けてしまうので。共倒れするくらいなら開催にこぎ着けられる方を、と考えて、の創掘祭開催へとつながる道筋です。


もう少しシリーズ化して書いていきたいですね。ブログ放置防止になりますし。とりあえず今回はここまで。

 

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

%d bloggers like this: