作品タグ: ショートショート

えちからどっとねっと

机上詩同好会(ショートショート版)

〈第0幕〉  ある日の夕方。×××××室の中に独り、少女がいた。少女は机に座り、あてもなく窓から外を眺める。そして独り言を呟く。「最近、何か私おかしいな……」 今まではそうでもなかったのに、最近はすごくだるくていつの間にか眠ってしまう。夜もちゃんと寝ているのだから寝不足ではない。原因は、少女にもよく分からない。「それに、親も何か隠してるし、あの夢か……」 少女が見た夢、それは自分が眠るように死んでいく夢だった。いつも通りに寝て、朝になっても自分は起きない。親が声をかけても、いっこうに起きない。そして親が揺り起こそうとして肩に手をかけるとすでに冷たくなっていた、というそんな風景を客観的に見ている夢。少女にはそれがリアルすぎて。「私、そろそろ寿命、なのかな……」 考えたくもなかったが、何度思い返してもその結論に達してしまう。それが悲しくて、少女は涙をこぼす。そんな現実、受け入れたくない。その気持ちは当然あった。そして俯くと、目の前の机に書いてある一つの詩が目に入った。 我慢して やりたくないことをやることはあるけどそれでやりたいことを 制限される必要なんてないむしろやりたくないことをやった分だけやりたいことを やればいい 「そっか……」 もし「死ぬという現実を受け入れる」という事が「やりたくないこと」ならば、その分だけ「やりたいこと」をやればいいんだ。少女はそう感じた。私の「やりたいこと」、それは「×××××くんのそばにいる、こと……」 くしくも、これはいつも彼が座っている席の机。もしかしたらこれを書いたのは彼かもしれない。なら。「この教室の机に落書きされた、たくさんの詩を集めてみたい。もちろん×××××くんと一緒に」 きっと付き合ってくれるだろう。そう思いながら少女は微笑み、そして宣言する。「私は部活を作る。名前は『机上詩同好会』。机の上に書かれた詩を集め、評価し、そして新しい詩を書くこと、それが活動内容。そして設立は、明日」 明日の授業でこの教室を使う。だからその授業の後に私は×××××くんに声をかける。少女はそう心に決めた。

裁き

「……次は誰が来るんだろう?ま、僕が全部倒しちゃうけど。」 少年が独りで、つぶやいている。周りにはしみ一つない、真っ白な空間。 その空間が、歪んだ。「あら、来たみたい。まあいいや、相手してあげよ。」 その言葉には余裕の表情が見える。彼は一度も負けたことがない、いや傷付いた事がない。どんな敵に対しても一撃必殺の技で、”殺した”。「ようこそ、2132159人目の挑戦者さん。」「君が、”アキ”くんだね。君に会えるのを待っていたよ。」「え……どうして僕の名を…──うっ」 ”挑戦者”は少年が自分の名前を言われて驚いている隙を狙って蹴りを入れた。少年は不意を突かれ、血を吐いた。「ボ……ボクに攻撃をしたな……」 少年は大剣を抜き”挑戦者”の腹部目がけて一斬り。いつもだったら命中して(しんで)いるのに、振り返ると”挑戦者”は何事もなかったかのように、立っていた。「な……なんだって……僕の攻撃が外れるなんて……」「自分を過信したおろか者よ……、くらうがいい。天の裁きを……」「え……あなたはもしかして──」 少年が最後まで言う前に、少年の命は散った。 いや、ある神の裁きで消え去った。 後には何も残っていなかった。いつのまにか挑戦者であった女性も消えていた。 唯一、少年の剣だけが残された。剣は床に、突き刺さっていた。

二月十六日金曜日。

 春はもうすぐ来る、それは分かっているが寒すぎる。学年末テストはもうすぐだが全然勉強していない。まあ、受験は来年だ。多分、大丈夫だろう。 テスト週間で部活がない。つまらないが、楽だ。家でのんびりできる。けど親に勉強しろと叱られる。それは嫌だ。 学校の授業が終わり家に帰ったら、ケータイにメールが入っていた。友達からだ。適当に返事を打って送っておいた。返事は、返ってこない。 何もする事がないから勉強でもするか、と思った。ふと窓を見ると何か白いもやのようなものが上から降っている。何だろうか。 外へ出てみた。それは、雪だった。そういえば雪を見るのは何年振りだろうか。まだ春は来ないのだろうか。いつ春が来るだろうか。春はもう来ないのだろうか。 そんな事はない、春は絶対来る。そう心に思う事にした。地球温暖化は進んでいるが、まだ季節は動いているはず。庭には桜の木が春はまだか、まだかと待ちわびている。けど、いつかは来なくなるかもしれない。その日をなるべく遅くしたい──そう思った。将来は、-<Fin>-

行動と、想い。(SS版)

 少年が一人、街の中で立ち止まっていた。彼の眼に見えているのは人間の、腕、だけ。「腕だけでも結構、どんな行動をしているか分かるもんだなぁ」 手を繋いで歩いていたり、立ち止まって本を読んでいたり。近くには音楽を聴いているらしく微かにリズムを取っている腕も居る。少年はそんな光景を眺めながら呟いた。 すると突然、少年の視界が何者かの手によって塞がれる。少年はビックリしつつもそっと、その腕をどけると。 街の光景は、いつも通りに戻っていた。「けど腕だけじゃ、細かい気持ちは伝わってこないよ?」 少年の背中側から一人の少女が顔を出してきて言う。少年は少し驚きつつ尋ねる。「で、×××××さんは何で此処に?」「───だって、あなたが好きだから。」 顔を赤らませながらも、少女は言い切る。「え!?」少年は今日一番驚いた。

この空は昔にも続いている。

 午前七時。いつも通り、NHKをつける。『午前七時のおはよう日本です。──今朝早く、愛知県尾張旭市の通称「白山林」にて野宿をしていた男性達が何者かに襲われるという事件がありました。現場上空から中継でお送りします』 珍しい事件だな、とその時は思っていた。それが初めて接した異変だったということを、後に知ることになる。 テレビの画面は住宅地の一部に森林が残るだけという、野宿するには違和感のある地域を映し出す。しかし、「変わった趣味だな」と思っただけだった。ザバゲーなんてのがある訳だし。『現場上空です。被害者が野宿していたのは画面に見える林の中であり、警察の調べでは、襲撃者は画面の上方にある川の方面からやってきたとのことです。襲撃者は住宅地方面に逃げた人々を容赦なく日本刀で斬りつけ、画面の下、南の方向に逃走したといいます。現場には多数のパトカーが停まっており、現在現場検証が行われています。また、臨時の救護所が近くの小学校に設けられ、生存者の治療が行われています──』「物騒な事件ねぇ~」 隣で観ていた母親が他人事のように呟く。実際そうなのだが。 画面には解説者が登場した。『吉村解説員、どうしてこのような事件が起こったのでしょうか』『はい。今回襲われたのは三好秀次さんが率いる隊だと推測されています。先日も日進市の岩崎地区で屋敷が襲われる事件が発生しており、警察によると最近名古屋周辺では敵対する二つのグループが喧嘩を繰り返しているということです。このグループのトップは──』『すみません、ここで臨時ニュースが入りました。愛知県長久手町は町内全域に避難命令を出しました。繰り返します、愛知県長久手町は町内全域に避難命令を出しました。──あらためてお願いします』 長久手、とは聞き覚えがある。確か「小牧・長久手の戦い」があった場所で、戦うのは豊臣秀吉と徳川家康。そんな所か。『はい、この地域で喧嘩をしているのは羽柴秀吉と徳川家康、それぞれをリーダーとするグループとみられ──』 耳を疑った。そのものズバリなのだ。 慌てて窓から外を眺めると、 「今」と「昔」が混在する世界だった。 ※このショートショートは史実を題材に構成したフィクションです。また、今後の創作に今回のアイディアを再利用する可能性があります。