作品タグ: ショートショート

えちからどっとねっと

机上詩同好会(ショートショート版)

〈第0幕〉  ある日の夕方。×××××室の中に独り、少女がいた。少女は机に座り、あてもなく窓から外を眺める。そして独り言を呟く。「最近、何か私おかしいな……」 今まではそうでもなかったのに、最近はすごくだるくていつの間にか眠ってしまう。夜もちゃんと寝ているのだから寝不足ではない。原因は、少女にもよく分からない。「それに、親も何か隠してるし、あの夢か……」 少女が見た夢、それは自分が眠るように死んでいく夢だった。いつも通りに寝て、朝になっても自分は起きない。親が声をかけても、いっこうに起きない。そして親が揺り起こそうとして肩に手をかけるとすでに冷たくなっていた、というそんな風景を客観的に見ている夢。少女にはそれがリアルすぎて。「私、そろそろ寿命、なのかな……」 考えたくもなかったが、何度思い返してもその結論に達してしまう。それが悲しくて、少女は涙をこぼす。そんな現実、受け入れたくない。その気持ちは当然あった。そして俯くと、目の前の机に書いてある一つの詩が目に入った。 我慢して やりたくないことをやることはあるけどそれでやりたいことを 制限される必要なんてないむしろやりたくないことをやった分だけやりたいことを やればいい 「そっか……」 もし「死ぬという現実を受け入れる」という事が「やりたくないこと」ならば、その分だけ「やりたいこと」をやればいいんだ。少女はそう感じた。私の「やりたいこと」、それは「×××××くんのそばにいる、こと……」 くしくも、これはいつも彼が座っている席の机。もしかしたらこれを書いたのは彼かもしれない。なら。「この教室の机に落書きされた、たくさんの詩を集めてみたい。もちろん×××××くんと一緒に」 きっと付き合ってくれるだろう。そう思いながら少女は微笑み、そして宣言する。「私は部活を作る。名前は『机上詩同好会』。机の上に書かれた詩を集め、評価し、そして新しい詩を書くこと、それが活動内容。そして設立は、明日」 明日の授業でこの教室を使う。だからその授業の後に私は×××××くんに声をかける。少女はそう心に決めた。

裁き

「……次は誰が来るんだろう?ま、僕が全部倒しちゃうけど。」 少年が独りで、つぶやいている。周りにはしみ一つない、真っ白な空間。 その空間が、歪んだ。「あら、来たみたい。まあいいや、相手してあげよ。」 その言葉には余裕の表情が見える。彼は一度も負けたことがない、いや傷付いた事がない。どんな敵に対しても一撃必殺の技で、”殺した”。「ようこそ、2132159人目の挑戦者さん。」「君が、”アキ”くんだね。君に会えるのを待っていたよ。」「え……どうして僕の名を…──うっ」 ”挑戦者”は少年が自分の名前を言われて驚いている隙を狙って蹴りを入れた。少年は不意を突かれ、血を吐いた。「ボ……ボクに攻撃をしたな……」 少年は大剣を抜き”挑戦者”の腹部目がけて一斬り。いつもだったら命中して(しんで)いるのに、振り返ると”挑戦者”は何事もなかったかのように、立っていた。「な……なんだって……僕の攻撃が外れるなんて……」「自分を過信したおろか者よ……、くらうがいい。天の裁きを……」「え……あなたはもしかして──」 少年が最後まで言う前に、少年の命は散った。 いや、ある神の裁きで消え去った。 後には何も残っていなかった。いつのまにか挑戦者であった女性も消えていた。 唯一、少年の剣だけが残された。剣は床に、突き刺さっていた。

二月十六日金曜日。

 春はもうすぐ来る、それは分かっているが寒すぎる。学年末テストはもうすぐだが全然勉強していない。まあ、受験は来年だ。多分、大丈夫だろう。 テスト週間で部活がない。つまらないが、楽だ。家でのんびりできる。けど親に勉強しろと叱られる。それは嫌だ。 学校の授業が終わり家に帰ったら、ケータイにメールが入っていた。友達からだ。適当に返事を打って送っておいた。返事は、返ってこない。 何もする事がないから勉強でもするか、と思った。ふと窓を見ると何か白いもやのようなものが上から降っている。何だろうか。 外へ出てみた。それは、雪だった。そういえば雪を見るのは何年振りだろうか。まだ春は来ないのだろうか。いつ春が来るだろうか。春はもう来ないのだろうか。 そんな事はない、春は絶対来る。そう心に思う事にした。地球温暖化は進んでいるが、まだ季節は動いているはず。庭には桜の木が春はまだか、まだかと待ちわびている。けど、いつかは来なくなるかもしれない。その日をなるべく遅くしたい──そう思った。将来は、-<Fin>-

行動と、想い。(SS版)

 少年が一人、街の中で立ち止まっていた。彼の眼に見えているのは人間の、腕、だけ。「腕だけでも結構、どんな行動をしているか分かるもんだなぁ」 手を繋いで歩いていたり、立ち止まって本を読んでいたり。近くには音楽を聴いているらしく微かにリズムを取っている腕も居る。少年はそんな光景を眺めながら呟いた。 すると突然、少年の視界が何者かの手によって塞がれる。少年はビックリしつつもそっと、その腕をどけると。 街の光景は、いつも通りに戻っていた。「けど腕だけじゃ、細かい気持ちは伝わってこないよ?」 少年の背中側から一人の少女が顔を出してきて言う。少年は少し驚きつつ尋ねる。「で、×××××さんは何で此処に?」「───だって、あなたが好きだから。」 顔を赤らませながらも、少女は言い切る。「え!?」少年は今日一番驚いた。

この空は昔にも続いている。

 午前七時。いつも通り、NHKをつける。『午前七時のおはよう日本です。──今朝早く、愛知県尾張旭市の通称「白山林」にて野宿をしていた男性達が何者かに襲われるという事件がありました。現場上空から中継でお送りします』 珍しい事件だな、とその時は思っていた。それが初めて接した異変だったということを、後に知ることになる。 テレビの画面は住宅地の一部に森林が残るだけという、野宿するには違和感のある地域を映し出す。しかし、「変わった趣味だな」と思っただけだった。ザバゲーなんてのがある訳だし。『現場上空です。被害者が野宿していたのは画面に見える林の中であり、警察の調べでは、襲撃者は画面の上方にある川の方面からやってきたとのことです。襲撃者は住宅地方面に逃げた人々を容赦なく日本刀で斬りつけ、画面の下、南の方向に逃走したといいます。現場には多数のパトカーが停まっており、現在現場検証が行われています。また、臨時の救護所が近くの小学校に設けられ、生存者の治療が行われています──』「物騒な事件ねぇ~」 隣で観ていた母親が他人事のように呟く。実際そうなのだが。 画面には解説者が登場した。『吉村解説員、どうしてこのような事件が起こったのでしょうか』『はい。今回襲われたのは三好秀次さんが率いる隊だと推測されています。先日も日進市の岩崎地区で屋敷が襲われる事件が発生しており、警察によると最近名古屋周辺では敵対する二つのグループが喧嘩を繰り返しているということです。このグループのトップは──』『すみません、ここで臨時ニュースが入りました。愛知県長久手町は町内全域に避難命令を出しました。繰り返します、愛知県長久手町は町内全域に避難命令を出しました。──あらためてお願いします』 長久手、とは聞き覚えがある。確か「小牧・長久手の戦い」があった場所で、戦うのは豊臣秀吉と徳川家康。そんな所か。『はい、この地域で喧嘩をしているのは羽柴秀吉と徳川家康、それぞれをリーダーとするグループとみられ──』 耳を疑った。そのものズバリなのだ。 慌てて窓から外を眺めると、 「今」と「昔」が混在する世界だった。 ※このショートショートは史実を題材に構成したフィクションです。また、今後の創作に今回のアイディアを再利用する可能性があります。

宇宙とネコ。

 私がそのCDを拾ったのは、偶然だった。教師でさえあまり入らない旧校舎の、化学実験室という札が掲げられた教室。たった一枚、机に置かれていた。 そのCDにはとある音声が録音されていた。CDだから当然だって? いや、そこに入ってるのは音楽ではなく。「……世界の真実を知りたいかい?」 そういう声が、冒頭のトラックに入っていた。それは少年の声。カッコいいというよりは可愛い部類の声。私はそのまま聴く。彼はこの世界、いやこの宇宙の成り立つ仕組みを永遠と語り続けた。そして途中途中で、こう勧誘してくる。「キミもこの宇宙の維持に力を貸してくれないかな」 それはまるで、自分に訊いているかのようだった。でもある意味独善的で、恐い。そのまま私はCDを聴き続けた。 そして最後のトラック。「最後まで聞いてくれるなんて珍しいね。そんなキミの許に、ボクは行く。キミには選択する自由があるよ、契約するかしないかの。でも折角だから契約してほしいな」 そしてふと顔を上げると、何かがそこにいた。「気付いたかい?」「……あなたは?」「みんなからは『キュゥべぇ』と呼ばれてるよ」 その白い、ネコみたいな生き物は、まるでツインテールのようなものを耳から垂らしたそれは、話しかけてきた。「ボクはキミの願いを一つだけ叶えて、魔法少女にすることが出来んだ」「それが宇宙を維持するための?」 その『キュゥべぇ』とやらは質問に答えず、「だからボクと契約して、魔法少女になってほしいんだ」ただそれだけを言ってきた。嘘は言われてない、けど真実も判らない。そう感じた。まさに独善的だ。「悪いけど、興味はないかな」「そうかい? ならここでさよならだ」 彼は、去っていった。

ある夜のループ。

 ある所に、男の人がいました。まあどうってこともない、普通の人です。とりあえず彼としておきましょう。その彼は人里から少し離れた、一軒家に住んでいました。変わっているのは、隣にお墓があることぐらい。そのおかげで彼は家を安く買えたのですが、これは別の話。 さて、ある新月の夜、彼の家でインターホンが鳴りました。男性が玄関のドアを開けると、そこには血まみれになった女の人が立っているんです。驚いて彼はドアを閉めようと しましたが、彼女が「私に、食べ物をちょうだい……」と言っているのを聞いてそれは大変だとキッチンに走りました。棚から缶詰を取り出し持っていこうとしましたが、缶切り を忘れたことに気づき取りに行ったりしている間に、女の人は血を吐いて倒れてしまっています。急いで救急車を呼びましたが、その女の人は死んでしまいました。 結局女の人の身元は判らず、遺体は隣にあるお墓に埋められました。地域のしきたりで、土葬です。彼は、全てのことが済んだと思っていました。 しかし、また彼女は来たのです。ドアを開けてすぐ、彼は気づきました。慌ててドアを閉め「帰れ!」と叫びますが、彼女は「私に、水をちょうだい……」と言うのみです。そ のうち、また血を吐いて死んでしまいました。さすがに怖くなったので、今度は街の反対側にあるお墓に埋めてもらうことにしました。 それから一週間、例の彼女の訪問はなく、彼は安堵感に包まれていました。しかし事態がそんなに軽く済む訳はないのです。そして、彼の家のインターホンが鳴ります。彼は当 然、ドアを開けました。そしてそこにいたのは、あの、血まみれの女の人でした。「私に、私にあなたの生きた身体を、ちょうだい……」 ここまで来れば、それは恐怖以外何も湧いてきません。急いでドアを閉め、鍵をかけ、奥へと逃げます。しかし彼女は、まるで鍵がかかっていないかのようにあっさりドアを開 け、家へと入ってきました。追い込まれた状況で彼は窓ガラスを割り庭へ、外へと逃げます。しかし外へ出ると彼女の追いかけるスピードはまるで矢のようでした。彼は捕まり、 そして…… 気がつくと彼は、彼女になっていました。無論血まみれの、瀕死の状態です。ここで止めれば連鎖は断ち切られたのですが、やっぱり人間というのは生に固執するもの。次なる 標的を求め歩き始めました。 あ、最初の女の人の中身が女とは、限りませんよ?

待つ

(これって、フラれたのかなぁ……) 待ち合わせの時刻から一時間、カレはまだ、来ない。指定された時計塔、反対側には地味めの男の子。もちろん、カレとは違う。カレはこんなに地味じゃない。男の子もまた、同じくらいの間誰かを待っているみたいだ。 この日のために髪を染め、お化粧もしっかりして、服も新しく準備して、カレに合うようにしてきた。学校での地味なイメージを打ち消すような、カレのカノジョにふさわしいような。カレが恥ずかしくないように、そしてカレに驚いてもらえるように。 でも、来ないのだ。ケータイを親が持たせてくれないので、メールも出来ない。ただ、そのまま帰ってしまうのは気が引けた。もしその直後に来たらどうしよう、そしたらカレも残念に思うのではないか。そう、感じてしまう。 さらに一時間。やっぱり来ない。反対側にいる男の子も、まだ待っているみたいだ。もうそろそろ諦めよう。そしてふと、男の子に声をかけてみようと思い立った。どうせフラれたんだから、カレも何も言うまい。「まだ、来ないんですか?」「はい。──あれ?」 その声はカレに似ていて、気付いたのは同時だった。カレはずっと、ここにいたのだ。髪を黒く染め、学校での自分に合うような姿で。「すれ違い、ってやつかな?」「そうかもね」 二人でクス、っと笑い、私達はそこを離れたのだった。

季節外れのBMB

『県庁駅での信号故障のため、現在名環線はダイヤが大幅に乱れています──』(にしても電車、来ない……) ホームに溢れる人々、繰り返されるアナウンス。行先表示板の時刻表示はもちろん消えている。自分の行きたい方向とは反対側の電車ばかり来て、乗りたい電車はまだ来ない。『三番線、大幸行きが参ります。白線の内側まで下がってお待ちください』 また、反対方向の電車。この分では電車が来てもすぐには乗れないのだが。「……はぁ」 思いがけず、ため息をつく。もう三十分も待っている。その間、名環線外回りは一本も来ない。 また、錦通線からの乗り換え客が下りてくる。広いとはいえないホームは、さらに混み出す。『三番線、名環線内回りが参ります。白線の内側まで下がってお待ちください』 何故、こんなにも片方の線路だけが使われているのだろう。まあこの路線は一周するし、電車が足りなくなったりはしないだろうけど。『ホーム混雑のため、ここでお待ち願いまーす』 遠くから、上の方から、駅員の声。下りのエスカレーターは停められ、人の動きは先ほどよりも小さくなった。この駅の乗り換えルートは全て同じ場所へと収束し、そして分かれる。その一ヶ所があるからこそ、止められるのだと思う。 ぼーっと周りを見ていると、ふと、あることに気付く。「あ、辻本くん?」 同じ学科の男の子が、すぐ近くにいた。何となく名字だけは覚えていたが、特に話したことはない。けど、同じ大学の彼がここにいるってことだけで、何故か心が落ち着いた。「丸山、だっけ?」「うん」「同じ学科の?」「うん」 どうやら彼の方も、こちらのことを覚えてくれていたようだ。これは何となく、嬉しい。「電車、来ないね」「まあ人身事故じゃないんだし、しょうがないよ」 人身事故、つまり電車への飛び込み自殺が起これば現場検証などの関係で一時間は遅れる。自分の命を絶つという愚行を犯しながら、さらに他人を巻き込むなんて、迷惑極まりない。「何分ぐらい待ってる?」「十五分くらいかな。そろそろ諦めて、歩いていこうかなとは思ってる」 なるほど、三十分も待っているくらいなら大学まで歩いていくほうが良かったかもしれない。ここから電車に乗っても、たった一駅だけだ。「じゃあ一緒に、今から歩く?」「ああ、そうしようか」 一緒に、改札へと階段を上る。IC定期券を自動改札機にタッチして、明るい地下空間からどんよりと暗い屋外へ出た。 大学へと行く道の歩道にはLED電飾の準備がされている。夜になったら電気が点いて、華やかな雰囲気をかもし出すのだろう。「そういえば、今日の夜、ヒマ?」「まあ、特には。バイトも今日は入ってないし」「講義はいつまで?」「集中講義だから、三時ぐらいまでだったはずだな」「だったらさ、夜まで大学に残ってさ、帰りもここ、来ない? 多分きれいだよ?」「でもさ、今日って……」「まあ、クリスマスイブ、だね」「クリスマスイブってのはその……、彼氏と彼女が、っていうかさ……」「いいじゃん、別に」「変な目で見られないか?」「別に、普通だと思うけど?」「……解ったよ」 チラチラと雪が舞い始める山手通り。そして始まる、季節外れのボーイ・ミーツ・ボーイ。