MinecraftのチャットをIDごとにVOICEROIDに読み分けさせる方法覚え書き

えちからどっとねっと

MinecraftのチャットをIDごとにVOICEROIDに読み分けさせる方法覚え書き

創掘祭でどうマイクラチャットを読み上げるか課題が浮上。バニラ鯖とspigot鯖ではチャットログの形式が若干異なるため既存のツールでは読み上げがおかしくなる。自分でアプリを作ったりはできないので、既存のものを組み合わせなんとかしている感じ。

あくまで自分用のメモなので、この通りにいかなかったとしても責任は負いません。

準備するもの

  • Minecraftのサーバ(spigot)
  • DiscordSRV(spigotプラグイン)
  • 管理者権限持っているDiscordのサーバ
  • Dispeak(Discordを読み上げるソフト)
  • 棒読みちゃん
  • VoiceroidTalk Plus(棒読みちゃんのプラグイン)
  • VOICEROID2(ボイスプリセット作れるので)

Minecraftサーバ側の設定①

spigotはBuildTools.jarで各自ビルドする。
eulaとかいつもの設定いろいろする
pluginsにDiscordSRVのjarファイル入れてリロード
configファイルいじるけど、その前にdiscordのbot作る準備に移行

Discord側の設定と情報取得

web側のdiscordからデバロッパーツール入って、アプリケーション作成する。

アプリのクライアント鍵をメモしておく

入れたいサーバに専用のチャンネル作って、そのチャンネルIDを取得しておく

OAuth2 URL作成のscopeから「bot」、パーミッションでAdmin付けて(必要なら細かく設定)とやるとURL生成されるのでそれをブラウザに貼り付け、botを招待しておく


Minecraftサーバ側の設定②

configを開いて、クライアント鍵やチャンネルIDをしかるべき場所に貼り付ける(説明はファイル自体にしっかり記載されている)

サーバをリロードして、configを反映させる

Dispeakの設定

Dispeakからdiscordにログイン、読み上げたいチャンネルだけ読み上げ設定をオンにする

棒読みちゃんとはあらかじめ連携させておく

棒読みちゃん&VoiceroidTalkPlusの設定

棒読みちゃんにVoiceroidTalk Plus入れるのは通常通り。

VOICEROIDで読み上げたいぶんだけカスタムプリセット作る。

読み分けしたいMinecraft IDをカスタムプリセットのコマンドのところに入れる(アンダーバーなど付いていたら、\でエスケープする)

これで読み上げてくれるはず。

課題

起動させるソフトがDispeak・棒読みちゃん・VOICEROID2とちょっと多め。

声だけで区別できるかといえば微妙?本当はマイクラIDも読み上げさせたい

VOICEROID2だけでなく、CeVIOやEXなどが混ざる環境では読み分けできないかもしれない

 

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

%d bloggers like this: