フリーランスで使いたい仕事環境とは?

えちからどっとねっと

フリーランスで使いたい仕事環境とは?

厳密には私はフリーランスではなく、一応は特定の企業に関わって仕事をしている訳なのですが、スタートアップ企業なのでPCは自分のものを利用しています。一番ベストは趣味と仕事でユーザーを切り替えることなんですが、それはちょっと切り替えが面倒・・・。そのような方向けに、私の仕事環境から用意したいものを簡単にご紹介しますね。

・お仕事用のGoogleアカウント

とくに自分の場合、インターネット上ではハンドルネームを使用しているため。Googleドライブは仕事・趣味とも多用するのでファイルが結構こんがらかるんですよね。またChormeのユーザーとして登録しておき、ワンクリックで趣味用・仕事用を分けておくのがとても便利。ブックマークなども分けられるので、仕事モードと趣味モードを切り替えるためには必須ともいえます。お仕事で別のGoogleアカウントにログインする機会も、意外と多いですしね。


・お仕事用のMicrosoftアカウント

じつは意外と大切。Wordなどのファイルを新規保存するとき、作成者を変更するのが面倒な場合が多いのです。お仕事用にMicrosoftアカウントを登録してWindows10でログインしておけば、上のウインドウバーからワンクリックで切り替えることが出来るのが楽ちんだったり。

ちなみに、Office365はメインのアカウントで課金しておけば、アカウントを切り替えても難なく使えるようです。ただしスマホの場合、個人用アカウントを2個設定したりはできない点には注意が必要でしょう。

あと仕事のファイルを基本パソコンに置いておきたくない人向けには、OneDriveをインターネット上のフォルダとして読み込ませると何かと便利かもしれません。Officeから別アカウントのOneDriveに直接保存する際、場所を選択で該当するファイルパスをコピー、ピン止めしておきましょう。

・タスク管理サービス

自分はClickupを使用しています。別にGoogleのカレンダーなりMicrosoftのToDoでもいいのですが、作業時間の計測などもできるので時間管理がとても楽になるのが魅力。またメモなども手軽に取れるのが魅力。

・チャットツールをまとめられるソフトウェア

お仕事モードにするとき、まとめて必要なウインドウを開けるようにできると便利です。自分はStationというフリーソフトウェアを使用。メインのChatworkだけでなく、ClickupやSlackなどもワンボタンで切り替えできるので今や必携。

・モニター(3つが望ましい)

チャットウインドウを常時開くことになるので、固定できるウインドウが欲しくなります。また作業用にモニターが複数必要になるので、結果3つがベスト。

とくにチャットを開いておくウインドウは縦型にすると、世界が劇的に変わります。今は上にお仕事のChatwork(Station使用)、下に趣味のDiscordを開いて置くことが多くなりましたが・・・。

とりあえずこのような感じで整えれば、基本問題ないと思います。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

%d bloggers like this: